読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Room of Requirement

必要な人が必要な時に必要なことを

クリティカルシンキングとは何か:『哲学思考トレーニング』

f:id:my299792458:20170410231300j:plain

『哲学思考トレーニング』ちくま新書

著者:伊勢田哲治

 

「屁理屈や詭弁、権威に騙されずに世の中にあふれる様々な主張を考えるための本」

科学哲学・倫理学の専門家である著者が、クリティカルシンキングの方法を具体例を交えながら筋道立てて述べています。頭をフルに使って読む必要がありますが、それだけに本書の内容を習得できれば広く応用できると思います。

 

「本書の概要」

本書は5章からなります。

 

第1章:上手に疑うための第一歩

クリティカルシンキングにおいて最も重要である、疑う習慣を身につける前提として、「議論」を特定する方法を述べます。また、不毛な議論の特定にならないために、「思いやりの原理」「協調原理」を紹介します。

 

第2章:「科学」だって怖くない

議論の前提と推論を科学との関係の中で考えます。間違った推論として「権威からの議論」や「対人論法」、「分配の過ち」、「結合の過ち」を示し、科学的な思考法のためには、前提と推論を反証主義的に吟味することや定義によって意味の混同を回避することが必要だと述べます。

 

第3章:疑いの泥沼からどう抜け出すか

前提の懐疑については、「デーモン仮説」(または「水槽脳仮説」)を棄却できない方法的懐疑主義ではなく、「関連する対抗仮説」型や「基準の上下」型の文脈主義が採用すべき懐疑であると主張します。

推論については妥当性を判断するための論理的推論を紹介します。

 

第4章:「価値観の壁」をどう乗り越えるか

価値主張のクリティカルシンキングを取り上げます。ここでも、倫理的懐疑主義の代替として立証責任の概念を使って文脈主義が紹介されます。また、妥当でない価値的推論として、「二重基準の過ち」、「自然主義的誤謬」、「自然さからの議論」を示します。

 

第5章:みんなで考えあう技術

第4章までの内容を踏まえ、「温暖化対策」というテーマで、より実践的なクリティカルシンキングを行います。そして、クリティカルシンキングの倫理性について言及します。

 

「価値主張のクリティカルシンキング

第4章から、「生きる意味」という価値主張のクリティカルシンキングの方法を抜き出します。

ここでは、4つの視点が必要であることが示されます。

 

⑴基本的な言葉の意味を明確にする。

コンセンサスが取れるような言葉の哲学的定義を探るために、「薄い記述」を徐々に厚くしていきます。

 

⑵事実関係を確認する。

一見価値観で対立しているように見える二人が、実際には、基本的な価値判断については一致していながら事実の問題について対立していたということはよくあることだそうです。

 

⑶同じ理由をいろいろな場面に当てはめる。

大前提となる価値主張に普遍化可能テストを実施し、その整合性を検討します。

 

⑷出発点として利用できる一致点を見極める。

すでに一致できているところにはできるだけ手をつけず、それでも不整合が生じたら、できるだけ無理のない方向で修正を加えるという方針で出発点を見極めることが良いとされます。

 

「まとめ」

ここまで、本書の概要と一部抜粋を書きましたが、おそらくどういうことを言っているのか分からないと思います。哲学思考とは、それほど私たちの普段の思考とは違うものであるということです。しかし、難解ではありますが、本書にあるようなクリティカルシンキングは、「生きる意味は何か」や「中絶をしてはならない」などの現代社会で大きな議論を引き起こしている問題に対して理性的なアプローチを可能にしています。何度も読み直したい一冊です。

天才vs天才:『容疑者xの献身』

f:id:my299792458:20170409001757j:plain

容疑者xの献身』文春文庫

著者:東野圭吾

「ただ、あなたに幸せになってほしい」哀しいまでの献身

第134回直木賞受賞作。東野圭吾さんのガリレオシリーズは天才物理学者湯川学が難事件を科学的アプローチによって次々と解決していく人気シリーズで、ドラマ化もされています。今作はシリーズ最初の長篇作品で、2008年には映画化されたのでご存知の方も多いと思います。

 

映画版もおすすめ

僕はあまり映画は観ないのですが、この映画は見たことがあって、観たことがある映画の中でかなり好きな作品の一つです。福山雅治さんが演じる湯川教授がいつにも増して格好いいですし、堤真一さんは石神の人格が憑依したのかと思わせるような演技でした。

 

四色問題

本作では四色問題という数学の問題が登場します。四色問題四色定理)とは次のような問題です。

 

四色定理(よんしょくていり/ししょくていり、英: Four color theorem)とは、平面上のいかなる地図も、隣接する領域が異なる色になるように塗り分けるには4色あれば十分だという定理である。立体射影により平面を球面に写して、球面上の地図にしても同様に成立する。

出典:Wikipedia 

 

 物語のあらすじ

高校の数学教師をしている石神は、天才的な数学者でありながら不遇な日々を送っていました。人生に希望を失っていた時、隣の部屋に一人娘とともに引っ越してきた花岡靖子に密かに想いを寄せるようになります。

 

ある日二人が、執拗に追いかけてくる靖子の前夫を殺害してしまったことを知った石神は、二人を救うべく、その頭脳で完全犯罪を計画・実行します。

 

思惑通りにことが進む中、警察の相談を受け現れたのは石神の大学時代の親友、湯川でした。天才数学者と天才物理学者の対決の先に待っていたのは、愛にあふれる悲劇…。

 

親友に追い詰められる覚悟、親友を追い詰める覚悟

花岡靖子の前夫の殺害事件に石神が関係しているのではないか、そう感づいた湯川は石神にこう問いかけます。

 

「人に解けない問題を作るのと、その問題を解くのとでは、どちらが難しいか。ただし、解答は必ず存在する。どうだ、面白いと思わないか」

 

P≠NP問題に似た形のこの問題は、湯川が石神の企てたであろう完全犯罪に挑戦する覚悟を固めたことを暗示しているように思えます。誰も解けないはずの石神の“問題”が、湯川の関与によって綻びを見せ始め、崩壊への道をたどる、そんな予兆を示している気がします。

 

ちなみに、P≠NP問題(P≠NP予想)とは下のような問題です。

 

クラスPとは、決定性チューリング機械において、多項式時間で判定可能な問題のクラスであり、クラスは、Yesとなる証拠(Witnessという)が与えられたとき、多項式時間でWitnessの正当性の判定(これを検証という)が可能な問題のクラスである。多項式時間で判定可能な問題は、多項式時間で検証可能であるので、P⊆NPであることは明らかであるが、PがNPの真部分集合であるか否かについては明確ではない。証明はまだないが、多くの研究者はP≠NPだと信じている。そして、このクラスPとクラスNPが等しくないという予想を「P≠NP予想」という。

出典:Wikipedia

 

「問題を解くのと、問題の解答の正当性を判定するのとでは、どちらが難しいか」ということですね。

 

まとめ

「隣同士は同じ色にはなれない」。花岡親子と同じになることは決してできないとわかっているけれど、ただ隣にいるだけでいい。石神の思いに胸を締め付けられるようでした。本当に美しい作品でした。

世界を圧倒したZero Fighter:『零式戦闘機』

f:id:my299792458:20170407145745j:plain

出典:Cliff

『零式戦闘機』新潮文庫

著者:吉村昭

 

太平洋戦争開戦前から、何年にも渡って圧倒的戦果を収め続けた零戦の開発そして盛衰を描いた本

 

零戦日本海軍が生んだ当時最高の戦闘機として有名ですね。「永遠の0」や「風立ちぬ」などのヒットした映画でも取り上げられ、その活躍を知っている人も多いと思います。

 

この本では、多くの歴史文学を手がけた吉村氏が、零戦の開発から盛衰を、零戦を開発した三菱重工名古屋航空機製作所の人々の視点から描いています。

 

本書の要約

太平洋戦争開戦前、日本の航空技術は他の国に大きく水を開けられていました。日本海軍は日本独自の戦闘機の生産を指示、三菱重工名古屋航空機製作所は堀越二郎を設計主任者とし、海軍が示す法外な性能要求を満たす日本独自の新型戦闘機の開発に着手しました。

 

速度性能や航続能力、上昇力、空戦能力、兵装、など互いに相殺し合うあらゆる面で当時の世界最高機を大きく上回る性能を目指す戦闘機の開発は当然ながら困難を極めました。誰しもが不可能と思った任務でしたが、新技術と新素材を用い、独創的な設計を施し試作とテストを繰り返し、死亡事故や設計変更も乗り越えて、製作チームは驚異的な性能を持つ戦闘機を完成させました。

 

太平洋戦争開戦後、零戦日本海軍の主力戦闘機としてアメリカ軍の戦闘機を圧倒し、「Zero Fighter」として恐れられました。零戦はアメリカ軍が次々と開発する新型機にも圧倒的優位を保ち続けましが、日本軍全体の戦況の悪化と機を一にするように、アメリカ軍による不時着機の押収や2対1の非格闘戦闘などによって攻略を許し、ついには終戦を迎えました。

 

伝説となった初陣

零戦の初陣は、昭和15年中国の重慶上空での日本空軍と中国空軍との戦闘でした。零戦13機に対し、相手はソ連の誇る戦闘機イ15、イ16の27機。わずか10分間の激烈な戦闘後、残ったのは零戦13機のみ。奇跡的な戦果をあげ、零戦の性能の高さを国内外にまざまざと見せつける結果となりました。あまりにも非現実的な結果に、アメリカなどは結果報告を誤報とみなしたそうです。

 

まとめ

日本のものづくりが世界に戦いを挑んだ物語でした。昔から日本人はハードウェア製作が得意だったというのは工学部の人間としては嬉しいですが、零戦の成功は堀越氏の才能に依っている部分が大きいようです。堀越氏が零戦について書いた本があるようなので、堀越氏の内的体験やより詳細な技術的な記述を期待してそちらも読んでみたいと思います。

最新宇宙論入門:『宇宙は本当にひとつなのか』

f:id:my299792458:20170407134059j:plain

『宇宙は本当にひとつなのか』ブルーバックス

著者:村山斉

 

最新宇宙論のエッセンスが盛り込まれた本

暗黒物質、暗黒エネルギー、宇宙の大規模構造、多次元宇宙、異次元。実験や観測から次々と生まれる謎を解くと、解いた謎より多くの謎が行く手を阻む。ついには「宇宙はひとつしかない」という信念さえも疑わしくなる。人類に残された多くの“宿題”を紹介してくれます。

 

本書の概要

本書は8章からなります。

 

 第1章:私たちの知っている宇宙

恒星を構成する物質の観測方法と銀河の回転速度の観測方法が書かれています。観測結果から暗黒物質の存在が存在していることがわかります。

 

 第2章:宇宙は暗黒物質に満ちている

重力レンズ効果の説明がなされ、これの観測によっても暗黒物質を観測的に観測できることがわかります。

 

第3章:宇宙の大規模構造

宇宙背景放射とそこからわかる宇宙の大規模構造の話です。

 

第4章:暗黒物質の正体を探る

暗黒物質の候補としてアクシオンニュートラリーノが紹介されます。

 

第5章:宇宙の運命

宇宙の加速膨張から暗黒エネルギーの存在が予想され、これが宇宙の運命を左右すると考えられています。

 

第6章:多次元宇宙

統一理論の完成のため、4次元以上の多次元宇宙が考えられました。

 

第7章:異次元の存在

異次元を観測する実験が紹介されます。

 

第8章:宇宙は本当にひとつなのか

宇宙が枝分かれするという多世界解釈を説明します。超弦理論の紹介もあります。

 

多世界解釈

本書で紹介されている物理現象の中で、最も受け入れがたいものはおそらく多世界解釈でしょう。この仮説が提唱されるきっかけとなったのは、二重スリット実験だそうです。かなり有名な実験で2002年に「最も美しい実験」に選ばれ多ことでも知られています。

 

ある電子が波動として、他のある波動としての電子と干渉した、ということなら話はわかりやすいです。しかし、二重スリット実験では電子は一つずつしか登場しません。

 

一つの電子は、二つのスリットのうち一方を通ってスクリーンに当たるはずです。にもかかわらず、スクリーンに干渉縞が現れるということは、右のスリットを通った電子と左のスリットを通った電子とがあることを意味しているように思えます。

 

このような、あまりにも不可解な実験結果を説明するには、多世界解釈のような不可解な仮説が必要になるのですね。他の解釈としてはコペンハーゲン解釈があり、こちらの方がメジャーですが、波動関数の収縮がどのような原理でいつ起こるかということが説明されないため、かの有名な「シュレディンガーの猫」のような問題を解決できず、不完全であるようです。

 

まとめ

少し前に読んだ本ですが、印象的だったので再度読んでみました。

 

最新の宇宙論を対象としているにもかかわらず、物理を本格的に学んでいない人でもその概要を理解できるように書かれた優れた本だと思います。暗黒物質、暗黒エネルギー、宇宙膨張といった物理現象の観測方法や観測結果からの推論方法、多次元宇宙や多元宇宙、超弦理論といった理論の概観やその予測、こういったものが本当に簡潔に述べられていて、著者の頭脳の明晰さを感じると共に、宇宙の謎の深遠さに触れられました。

大東亜戦争敗戦から学ぶ:『失敗の本質 日本軍の組織論的研究』

f:id:my299792458:20170406205948j:plain

出典:Nelo Hotsuma

 

『失敗の本質 日本軍の組織論的研究』中公文庫

著者:戸部良一、寺本義也、鎌田伸一、松之尾孝生、松井友秀、野中郁次郎

 

大東亜戦争における敗北を組織としての日本軍の失敗として捉え直し、現代の組織の教訓として活用することを目的とした本

 

大東亜戦争で日本軍は惨憺たる敗北を喫しました。人、物、金の全てを捧げた総力戦に敗北して国力を使い果たした日本はアメリカに占領されるに至りました。この敗北は日本人が経験した最も重大な失敗の一つであるでしょう。

 

本書では大東亜戦争で日本軍が失敗した6つの主要な作戦を組織論的観点から振り返り、現代の組織にとっての教訓・反面教師として活用することを目的としています。

 

小池百合子東京都知事が“座右の書”として紹介した

小池知事が“座右の書”として紹介したことで再び注目されましたね。書店では小池知事の言葉が載ったカバーや帯がかかったものが並んでいます。僕はテレビでこのことを知り、読むことにしました。

 

本書の概要

本書は三部構成になっています。

 

第一部では大東亜戦争における6つの作戦(ノモンハン事件、ミッドウェー作戦、ガダルカナル作戦、インパール作戦、レイテ海戦、沖縄戦)の概要を紹介しています。僕は高校では日本史を選択しなかったので、それぞれの作戦については詳しく知りませんでした。ですが、地図などを交えながら戦況を第三者の視点で説明してあるので日本軍の組織としての実態を理解することができました。

 

第二部では、第一部で紹介した6つの作戦に共通する事柄をアメリカ軍と照らし合わせながら戦略と組織の二つの次元で分析し、 “失敗の本質”として述べています。タイトルからわかるように、第二部は本書の核となっています。

 

第三部では、日本軍が第二部で挙げた戦略と組織の特性を持ち環境適応に失敗するに至った原因を考察しています。日本軍は自己革新能力を保持しなかったことが環境適応の失敗の原因と結論し、日本軍と幾つかの点で特徴を同じくする現代の日本の組織が、自己革新組織となるための方策を示します。

 

 

「失敗から学ばない」という失敗

日本軍の戦略上の失敗要因として

⑴曖昧な戦略目的

⑵短期決戦の戦略志向

⑶主観的で「帰納的」な戦略策定—空気の支配

⑷狭くて進化のない戦略オプション

⑸アンバランスな戦闘技術体系

 

組織上の失敗要因として

⑴人的ネットワーク偏重の組織構造

⑵属人的な組織の統合

⑶学習を軽視した組織

⑷プロセスや動機を重視した評価

 

が挙げられています。

 

このうち、「学習を軽視した組織」の一節からピックアップしてみます。

ここでは、ミッドウェー海戦作戦担当の黒島先任参謀が戦後語った言葉を引用されています。

 

本来ならば、関係者を集めて研究会をやるべきだったが、これを行わなかったのは、突っつけば穴だらけであるし、皆十分反省していることでもあり、その非を十分認めているので、今更突っついて屍にむち打つ必要がないと考えたからだ、と記憶する。

 

対人関係に対する配慮が優先し、失敗の経験から学び取ろうとする姿勢が欠如しています。日本軍はミッドウェー海戦で失敗しただけでなく、その失敗から学ぶ機会を逃すという失敗を犯した、つまり二重の失敗を犯したということです。

 

僕は大学でサークルに所属して幹部を務めているのですが、この黒島参謀と似たような心境になったことが多々あることに気づかされました。後輩に指導しなければならない時があるとき、相手との関係を悪くする可能性を考えると、相手の失敗を掘り返し原因を追及するのは勇気が必要なのです。しかし、相手とそして組織のために、覚悟を決めて失敗と正面から対峙することが大切なのだと再認識しました。

 

まとめ

過去の失敗から学び、環境に適応し続けられる組織を作るために必要なエッセンスが示されている本でした。僕が組織に入ったときには再度読み直し組織を分析したいと思いました。また、戦争の歴史について学ぶ必要があると感じました。

プロローグ

自己紹介

初めまして、yutoと申します。

工学部の学生で、都内で一人暮らしをしています。

趣味はサッカー、読書、そして野球観戦(ホークスファン)で、料理がちょっと得意です。

 

読書記録そして日記として、このブログを開設することにしました。

 

読書について

大学入学前にはあまり本は読んでいませんでしたが、大学入学後、意識的に読書するようになりました。知らないことを知るのが楽しくて、本を読んでいます。ノンフィクションを読むことが多いですが、SFや推理小説も少し読むことがあります。

 

興味がある分野の新書・文庫本を、Amazonの星の数やレビュー数を参考にして、メジャーなものから読んでいくというスタイルです。まだ読書経験が浅いということもあり、ブログの読者の皆さんが知らないような本を紹介することはあまりできないと思いますので、ご了承ください。

 

本の感想をアップする目的

このブログの記事の主なテーマとなる本の感想をアップする目的として以下の3点を挙げます。

⑴読書の質と量を向上させる

アウトプットを前提として読書をすることで、本に書かれている内容の全体の構造を把握することや主旨を押さえることを強く意識できると考えました。加えて、一度ブログで感想をまとめておくことで、実際に誰かに本の内容を紹介するときにうまく伝えられるはずです。

 

また、感想を書く習慣を身につければ(身につけられたと仮定すれば)、「感想を書く」というモチベーションを持って読書できるようになると思います。

 

⑵情報発信リテラシーを身につける

誰もがアクセスできる情報を発信するには、多くのことを考慮しなければなりません。正確な情報を発信する、プライバシーを保護する、知的財産権を侵害しない、など教科書的なルールは知っていましたが、実践を通してより具体的にすべきこととすべきではないことを学ぶことができると考えました。

 

⑶日本語を扱う能力を高める

言語能力は言葉を積極的に使わなければ高められないと思います。自分の言いたいことにぴったり当てはまる言葉を選び、相手にうまく伝わるように言葉を扱えるようになりたいと思っています。

 

⑴と⑶に挙げたことは、本の感想をブログにアップしなくても(本の感想を記録し自分だけが後で見返す形でも)効果を得られると思いますが、感想を公開し「他の人に見られている」というプレッシャーを自分に与えることが、この効果を高めてくれることを期待しています。

 

今後、どう転んでもブログ運営への意識は単調に減少するのが見え見えなので、今のうちに目的を大々的に掲げさせていただきました。

 

ブログ名について

「The Room of Requirement」は「必要の部屋」という意味です。ハリー・ポッターの物語を知っている方はお気づきかもしれませんが、作中に登場する部屋の名前をそのままつけさせていただきました。

 

「必要の部屋」は、ホグワーツの学生が必要を願うとその必要を満たしてくれる機能を備えた状態で現れてくれる、という魔法の部屋です。ハリーはここでDAメンバーと訓練したり、分霊箱を見つけたりしましたね。

 

このブログも、必要な人が、必要な時に、必要なことをする場所にしたい、そんな願いがこもっています。

 

よろしくお願いします

本の感想の記事だけではなく、時折それ以外のことも記事にできたらいいなと思っています。ブログ更新頻度などのノルマを課すことなく、自分の趣味の一つとして欲張らずに続けられたらいいなと思っています。真面目だけが取り柄のブログになると思いますが、よろしくお願いします。