読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Room of Requirement

必要な人が必要な時に必要なことを

人間の姿をした悪魔たち:『異常快楽殺人』

f:id:my299792458:20170429011514j:plain

『異常快楽殺人』角川ホラー文庫

著者 平山夢明

 

怪物となった人々の不幸で残酷な人生を描く

殺人は人が犯してはならない最も重大な罪の一つです。しかし、歴史上には何十・何百もの殺人を犯した“怪物”たちがいます。その実態を知れば「人はここまで残忍になれるのか」という衝撃を感じずにはいられないと思います。

 

本書の要約

本書では7人の異常快楽殺人犯が紹介されます。

 

人体標本を作る男 エドワード・ゲイン

 偏執的な信仰心を持つゲインの母親は歪んだ戒律を教育し、アル中だった父親の死を息子達に祈らせるような人物でした。また、息子の“男”としての部分を全ての堕落と退廃の源として憎悪していて、母親を恐れながらも敬愛するゲインは大きく影響を受けました。

 家族達の死後、絶望的な孤独に陥ったゲインは怪物へと姿を変えます。彼は、夜中に霊園に足を運び、女性の墓を暴いて棺を掘り出し死体を取り出して、性交したり死体を弄ったりしました。やがて死体の解剖に興味を持ち始めたゲインは、死体を自宅に持ち帰り、解剖・解体・加工して、装飾品や置物を作るようになります。

 ベッドポストに飾られた頭蓋骨、人間の膝骨と背中の皮でできた椅子、数人の顔の皮が使用されたランプシェード、幾つもの唇が吊り下げられたモビール、乳房が飾られたチョッキやベスト、人間の皮膚でできた財布・ポーチ・バッグ、…。この捜査で狂気の展覧会を目にした保安官は、この時の捜査が元で不眠と不安神経症に悩まされ始め、ゲインの公判の前に心臓麻痺で死んだそうです。

 

殺人狂のサンタクロース アルバート・フィッシュ

 幼少期を孤児院で死後したフィッシュは、寮母の鞭打ちが快感をもたらすことに気がつきました。彼はその卓越した想像力と集中力で妄想にふけるようになります。成人した彼は、結婚し子供をもうけますが、妻の浮気が原因の離婚を機に彼の精神の崩壊の度を強めていきます。

 穏やかな老紳士の風貌をまとった64歳のフィッシュは、10歳の少女を誘拐し食したことを警察に突き止められ、逮捕されました。彼は400人以上の幼児殺人を告白しました。「どんなふうになるんだろう、電気椅子なんて。何しろ人生に一度しか味わえないじゃないか。今が人生で一番わくわくしているよ」こんな言葉を残して、悪魔から来た殺人狂はこの世を去りました。

 

厳戒棟の特別捜査官 ヘンリー・リー・ルーカス

 全米犯罪史上最多の360人の殺人を犯したとして死刑宣告を受けているヘンリー・ルーカスは、テキサス州の要請を受けてヘンリー・ルーカス連続殺人事件特別捜査官の一員として、独房の中から事件の捜査・解決に協力しています。

 『羊たちの沈黙』という小説の登場人物のモデルにもなった男は、独房でシスターに洗礼を受け、すべてが解決した後の死刑執行を条件として捜査に協力し続けています。

 

この他、ベトナム従軍経験が“時限爆弾”となって連続殺人を犯し、懲役250年の刑を受け服役中のアーサー・シャウクロス、53人の婦女子を殺害したソ連の赤い切り裂き魔アンドレイ・チカチロ、道化師として慈善活動を行う傍、33人の少年を殺害したジョン・ウェイン・ゲーシー、人肉を主食とし、上腕二頭筋が好物の美青年ジェフリー・ダーマーの4人が紹介されます。

 

まとめ

 ミステリー小説を幾つか読んだのち、現実の世界ではどのような犯罪があったのか知るために読んでみましたが、現実に起こったことだと受け止めがたい事件ばかりでした。事件そのものの異常性はもちろんですが、詳細な犯行(殺人・解体・食人)の様子がグロテスクに描かれていることによって人間の恐ろしい闇を強烈に感じます。著者自身、執筆中は家族から「人格が変わってしまっていた」と語り草になっているとのことで、気分が悪くなりやすい方や体調が悪い方は読むのを控えた方が良いかもしれないです。